自宅でのケアでニキビ跡は治すことできるの?

ニキビ跡の状態であれば、自宅でのケアで治すことが出来ます。肌に赤色や紫色、黒褐色などの色で残っているニキビ跡というのは、ニキビが潰れて真皮層にある血液が表皮に飛び散り、シミとなっている状態です。

メラニン色素が生成されて、赤色から紫色に、そして時間が経つと黒褐色へと変化していきます。この状態のニキビ跡であれば、血が付着してシミとなっている表皮細胞を、基底層から新しい細胞を生み出すことで押し上げて剥がし落としていけば、ニキビ跡として残っている肌を正常の皮膚に戻すことが出来ます。

そのために、基底層から新しい細胞を生みやすい環境へと改善することがポイントとなります。血行を良くすることはもちろんのこと、ビタミンなどの肌の細胞が生成されるのをサポートする栄養素を積極的に摂取しましょう。そして、皮膚表面をキレイな状態にしておきましょう。

汚れなどの余分なものが残っていると、いくら新しい細胞が生成されたとしても、剥がれ落ちなくなってしまいます。これはあくまでも、皮膚表面にシミができているニキビ跡を治す方法であり。凹凸の状態、つまりクレーターになってしまっている場合は、自宅でのケアで治すことは難しくなります。

全身脱毛の値段が安い脱毛サロン

カテゴリー: 未分類 パーマリンク